減らない補修場所

反対側のタイヤハウスは溶接したのですがこちらはまだ手をつけていません。
画像の通りフロアが少し盛り上がっているようなのです、この部分の床がなかったために全く気付きませんでした。
この逃げのせいでそのあとの床の位置が微妙に合わないのです。この様な細かい作業は数え切れないほどあります。
これは前号で紹介したタイヤハウスですが、どうも微妙に位置が合わないため再度作り直しました。見た目全く変わらないのですが錆の模様が違います。この苦労、どうにも分かってもらえませんね。
こちらは車両左のタイヤハウスの内側です。前号で溶接して削ってみたところのちょうど裏側ですね。こちらも鉄板は出来上がっているので溶接待ちの状態です。
ここに三角形の鉄板が入ります。三角形の鉄板を先に溶接してこの鉄板を溶接すればフェンダーは元通りになります。