またもやどんどん叩く(・∀・)ノ

リブを叩くと鉄板自体が結構歪んでしまうので少し分厚い鉄板の上に置いてきれいに整えていきます。
リブの両端(左右)を板金ハンマーのタガネ部で叩いて浮き上がりを抑えて行きます。この時鉄板をきっちり押さえておかないとハンマーがトランポリンみたいに跳ねるだけです。
次にリブの間の平らな部分をハンマーで叩いて行きます。
こうすることによって全体の浮き上がりが治って行きます。
ちなみに、僕が使用している板金ハンマーは打面が動いてきっちり平らに当たってくれる優れモノで、僕のようなへたくそには必須のアイテムです。
完成したフロアパネル。
まずまずの完成度です。
 こちらは隅っこのふくらみを叩く為に作成したハンマー。
ふくらみに合わせてサンダーで削ってあります。
このように、ふくらみを叩く時はそれ用のハンマーを作成しています。慣らし用のものもそうですが、打面が傷んでいるとそのまま鉄板に影響が出るのでこのあたりの手入れは重要と言えます。