オリジナルのフロアパネルカット

フロアパネルの溶接が終わりそろそろフロアパネルとボディーを固定しての作業の方が良くなってきたので(精神衛生上も)ここでついにフロアパネルとボディーの接合に移ります。
今までボディーを何とか支えていてくれたフロアパネルの端の部分を取り外してしまいます。
まずはフロアパネルを大まかにカット。
カットした鉄板です。
しかしこれは切りやすいところを切り取っただけでボディーとの接合部(スポット溶接)はそのまま付いています。
スポット溶接の部分はスポットカッターを使用するのがよいのですがドリルに取り付けるものしかなく(業務用は挟むタイプがある)あまり効率が良くなかった経験があるのでサンダーで地道に削り落しました。
でも、ちゃんと切れるはを取り付けたスポットカッターならこれよりもよほど早く進むと思います。
写真の白い点はスポット溶接が効いている部分です。
ある程度削り落としたらスクレイパーやタガネを使用して叩き落としたり、あとプライヤーではさんでねじ切ったりしました。
ついにフロアパネルが何もなくなってしまいました。
今までにないくらいふにゃふにゃの状態です。
でもこれでフロアパネルが付くと考えると結構わくわくしました。
付かなかったらどうしようと不安でもありましたが(笑)

l