フロントドアの修復続き

フロントドアの下部は以前パテを剥がした時に錆穴がこんにちはした為、その部分をカットして鉄板を作成し溶接していました。
しかし最中に溶接機のワイヤーが無くなってしまい、TIG溶接にするかそのままMIGで行くか悩んだためほったらかしに。
結果、そのまま他の場所の作業に移ってしまいそのままになっていました。
結局今回はMIG溶接で溶接することに。
まずは点々と溶接しながら鉄板が段差にならないように慎重に溶接個所を増やしていきます。
この辺りは鉄板のラインがまだ出ていないので溶接と並行して板金を行いながら全体を整えて行きます。

l