フロントドアの下部仕上げ

鉄板が歪まないように冷却しながら溶接して行きます。
右手にトーチ、左手は塗れたタオル、溶接したらタオルで急冷を繰り返して行きます。
これをやるとやらないとでは大違いです、一度試せばよく分かります。
全体の溶接が完了したので溶接の出っ張りをサンダーで落として行きます。
毎度の作業ですね。
そうして現れる毎度の溶接不良個所。
再度溶接して、また研磨です。
完成しました。
最初の画像と比較してふくらみが自然になったのが分かると思います。
手の入らない個所はこの様な工具も使います。
これはスライドハンマーと言う工具で、先端の部分をボディーに穴をあけてねじこんで赤い重りを引っ張ると反動で鉄板が出っ張ってくれる、という代物です。
僕は鉄板に穴を開けたくないので先端を溶接しています。

l