このホームページに必要なのはオチなのか!?

エンジンかかりませんよ??

何にも悪い事なんてしてないのに( ・3・)
まあ以前からこやつのアイドリングは気に入らなかったし、雨が降って不調なのは以前からの事なのでこの際原因突き止めてやります。
一番アヤスィーのはここ。ってカプラーではありません、この部品はもっと下にあるのです。
うーん、トップデッドセンサーだっけ?まあ要するにクランク角センサーなのでしょう。
ところがね?こいつとんでもない所にあるんですよ。
ミラーの先に写ってるのはミッションのベルハウジングの一部です。
ご存知?の通りランボルギーニのエンジンとミッションの位置関係は普通の車の逆なんです。
ミッションが前、エンジンが後ろ。
意味不明ですね、要するにペラシャ?にあたる物がもう一度後ろに戻って行くのです。
まあそんな事は置いておいてと、これをどうした物か。
ほら♪
ミラーの上の方に見えるそれがセンサーです。
僕はこれからここに手を突っ込んでネジ2本外して取り出します。
(´ヘ`;)
取れた、悲惨な位置です、穴開けて取りたいと思いました(#ノ゚Д゚)ノ ・゚・┻┻゚・:.。o
そして取り出したセンサー、ベトベト、しかしオイル。
まあこれは今回の不良とは関係なさそうなので戻します、他の場所に付いてる同じ部品と交換して。
もうこんな場所外したくないですからね・・・

しかしやっぱり直りません。
うーん、どうも点火不良が起きてるような感じがする、マフラーの中で点火してるもんなあ・・・・
そんな訳で点火系を大掃除していくと・・・
犯人みーっけ。
水溜ってます、接点じゃない所でスパークした跡もあります(^^;)

何でこうなったのか考える事しばし・・・・
んん??

何、この穴|д゚)
はい、ランボルギーニ特製、故障用穴です、故障する為にあります。
ま、多分これ、立てて使うディストリービューターキャップなんでしょうね、それをなぜか横にしている為ここに溜った水がディストリービューター内に浸入して中に溜るという寸法みたいです。

当然、埋めます。
これで雨の日も安心♪
ディストリービューターもちゃんとマジックリンで洗いましたからもう安心です♪
エンジンかかりました。
そもそもの洗浄の目的にようやくもどれます|д゚)
洗浄したのはオイルがどこから漏れてるかわかりやすくしたかったからなんです。
オイルまみれの確信犯でしたからね・・・・|∀・)
で、見つけました、エンジンの右側をしたから見上げた場所です。

ここは??
さらに奥に行って1番シリンダー(右バンクの一番前方)を見上げた図です。
右に見えてるのはベルハウジングです。
右上は車内のセンタートンネルの裏です。
ホース??それともヘッド??どちらが漏れてるのでしょうか?
たまにはいいお返事下さい(o・ω・o)