ディアブロパワステ化

さて、やりますか♪
ところで、なんか分割するとセンサーがおかしくなるみたいなことチラッと聞いたんですが・・・ま、いっか(笑)
まずはディアブロのステアリング機構を見てみましょう。
ここはトランクのパネルを外した奥の部分。
ギアボックスとの連結部分があります。
ギアボックスは単純明快な構造。
これは衝撃吸収用の部品かな?
ここが根元
ここで室内に入ってる。
角度の問題があるのでこのユニバーサルジョイントも含めて変更はできません。
また、ここにパワステの機構を組むのも無理でした、距離がなさ過ぎる。
てなわけでどうもハンドルポストに機構を付けなきゃ駄目みたいです。
外してみました、ごっそりと(笑)
ハンドルのロックナットを取る工具が見当たらなくてこんな風になってしまった・・・
ハンドルを外したインパネ周り。
うーん・・・・こんな空間にはいるかあ??
スプラインは偶然にも同径なのでそのまま使用できそうです。
ディアブロはチルト機構が付いてるからなあ。
これをどうやって残すか・・・
普通に取り付けてみましたが大幅に長くなっていてとても付きません。
しかもブラケットに電動パワステが当たってブラケットに合わせるとあまり前まで出せません。
どうしたものか(。-`ω´-)