過去の修理車一覧

キャロルエンジンスワップ
調子のすぐれないキャロルに同形式のエンジンを載せ換えます。
まずはエンジンを降ろす、当たり前(・ω・)ノ
配線は全然無いけど配管が案外複雑です、元に戻せるようにマスキングテープで番号を振って貼っておきます。
降ろしました。
キャロルの場合はメンバーのボルトを外して下から抜く形になります(・∀・)ノ
空っぽ(゚−゚*)ドキドキ
後は元の手順で積み込むだけ。

交換したエンジンのヘッドカバーが汚かったので交換しようと思い古いエンジンのヘッドカバーを開けたら・・・・
(・∀・*)

ナニコレ、ここはマフラーの中でしたか?
これはススにしか見えないんですが、何でこんな状態になったのでしょうか・・・・

こんなヘッドカバー使えない((( T_T)
載せ換えたエンジンは?

うーん、きれいって程でもないですがまあ簡単に落ちる範囲の汚れっぷりです。

仕方ないので急遽こっちのヘッドカバーを塗装して使用する事に(・ω・)ノ
取り付け完了。
余り物の塗料で塗装したんですが色が近すぎて苦労の割には・・・・です。


でも完成、エンジンも調子いいです♪

しかし・・・・
エンジンのどこかからクーラントが漏れて来ます。
作業灯で探してもどこから漏れてるのか確認が出来ません、盛れてる部分は分かるのですが( ̄ω ̄;)
ここ(>_<)
上の写真のさらに奥、画面中央のホース(ラジエーターのロアホースの中継ホース)のクランプの取り付け忘れです。
こんな所にまともに工具が入るわけも無くこのクランプをほんの1cmほど移動させる為に1時間ほどかかりましたヽ(´д`)ノ

まあとにかく完成です♪