S30Zのレストア風景


71 ガソリンタンクの中

そしてその後。
試運転の為にガレージから出すと,父親が少し離れた位置に立っていました。
自分の作業がどうなのか,ちゃんと走るのか,でも,一緒に乗ろうとも言えない。
そんな雰囲気だったので「横に乗る?」と聞くと,父は照れ臭そうに乗り込みました。

二人で試運転。

そう,そこまでは良かったのですが・・・
止まりました,ガソリンを噴出してw
しかも,その場で応急処置をしたのに,今度は進まなくなったのです。
何とかガレージに退却(^^;)

結局、立ち往生の翌日ガソリンタンクを降ろしてみることに。
以前ほどではないですがタンクの中はやはり錆びていました。
燃料ゲージもサビだらけに、やはり中和しないとまずいと言う事でしょう。
サンポール登場。レストアには欠かせないですね。
またもや手伝いに来た父とシェイク中。しかしすぐダウンしました。
この後、タンクを洗浄するついでに水を使って配管の流れを確認したのですがどうもおかしい。
結局、ちゃんと確認する為にタンクを切開することに。
タンクの中にはガソリンがまったくないので安心してサンダーを使っていますが少しでも臭かったらやめておいた方がいいと思います。
敵が顔を出しました。さて、どんな構造をしてるんだ?と手を突っ込むとパン・・・と何やら音が。
げ。なんか配管切っちゃった(笑)ま・・・まあいいか。さっきの音は配管に引っかかりはじいた音でした。この配管がないとガソリンが少し入らなくなってしまうと思います。多分これはタンクの空気抜きです。
位置関係で把握してください、ここに配管があります。
僕みたいに切ってしまわないように・・・