70 マフラーのフランジ
 

これはエンジンを積む前に気付いておきたかった、エキマニのボルト欠損。
今からエンジンを降ろすのも厄介なのでこの状態で(写真は見上げた状態)修復します。
毎度のごとく、一回り小さなドリルで地道に中心を通します。
そしてふちを叩いて取り払っていけば終わり、なのですが、場所が悪くてきちんと取り去ることができませんでした。
仕方なくネジ径を10mmにしてタップで切りなおして終了。