クラッチ修理

エンジンが直ったと思えば・・・今度はクラッチ・・・
しかも正月早々車上荒しにあい自動車カバーで封印されていました。
しかしいい加減ミゼットでの通勤もどうかと思うので友達を呼んで修理開始です。
とりあえずリフトで上げてみてクラッチの動きを見てみました。
なんとなくシリンダーの稼動範囲が狭い気がしたので色々見てみましたが異常なし・・・
ところが・・・
オペレーティングシリンダーのブーツの中からぽろっと・・・こんなものが出てきました・・・

はいはい・・・・ミッション降ろせって事ね(*゜Д゜)
ヒイヒイ言いながら降ろしていきます。
そしてふたを開けてみると・・・
なんだかあちこちにさっきの部品が当たったあとがあります。相当暴れたのね。
こっちにも白いつぶつぶのあとが・・・
しかし外観上どちらも特に異常はありません。
悩むこと数分。
ん?
この部分なんかおかしいぞ( ゜д゜)
確認のためスペア(5個くらいある)のクラッチカバーを持ってくると
みーつけた。
あとはこのスペアに変えて取り付けて完成、すっかり良くなりました。
お次は・・・